独自ブログ、サイトを運営していく際に使い勝手が良いワードプレスですが、独自でワー ドプレスを運営していくには、サーバーとドメインが必要になってきます。

 

サーバー、ドメインと聞くと難しく感じると思いますが、現在はレンタルサーバー会社が沢 山存在しており、レンタルサーバーとドメイン取得を簡単にすることが可能です。

 

サーバーとドメインが取得できれば今からでもサイトを運営していけますので、手順に沿 って契約していきましょう。

 

今回はエックスサーバーを例に解説します。

 

 

エックスサーバーの契約方法

 

まずはエックスサーバーのトップページを開いてください。 http://urx.mobi/Iut9
(※上記をクリックするとエックスサーバーのトップページへ飛びます。)

 

 

 

画面にある「お申込み」をクリックします。

 

 

新規お申し込みをクリックします。

 

 

 

契約内容、登録情報を下記の情報を入力していきましょう。

 

 

  • サーバーID(初期ドメイン)
  • プラン
  • メールアドレス
  • メールアドレス(確認用)
  • 登録区分
  • 名前
  • フリガナ
  • 郵便番号
  • 住所(町域、丁目・番地)
  • 住所(町域、丁目・番地)
  • 住所(建物名)(任意)
  • 電話番号
  • インフォメーションメールの配信

 

 

利用規約と個人情報に関する公表事項のチェックボックスにチェックを入れ「お申込内容の確認」をクリックします。

 

 

x10・X20・X30の違いとしては

  • 利用料金
  • ディスクスペース容量
  • データーベースのMYSQL管理数

です。

 

 

X10プラン

 

X20プラン

 

X30プラン

 

プラン別内容詳細

 

 

ちなみにX20・X30プランをお申し込みの方だけの特典として、下記の中から独自ドメインを一つ無料で獲得出来るとのことです。

 

  • X20の場合:.jp / .com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click のいずれか

 

  • X30の場合

    .jp / .com / .net / .org / .info / .biz / .xyz / .link / .click / .co.jp※ / .or.jp※ / .ne.jp※ / .gr.jp※ のいずれか

 

 

特化型サイトを運営する上でプランを迷う方もいるかもしれませんがプラン10xで十分ですし後から変更も可能です。

 

 

契約内容、登録情報の入力を終えたら【お申込内容の確認】をクリックします。

 

 

続いてSMS認証・電話認証を行うので電話機を準備して赤枠をクリックします。

 

用意した電話機の電話番号を入力して、認証コードの受け取り方法を選択しましょう。

 

 

 

SMSテキストメッセージ又は音声通話で5桁の認証コードを受け取りましたら赤枠に入力して【認証して申し込み】をクリックします。

 

 

サーバーアカウントの申し込みは以上で完了になります。

 

 

 

エックスサーバーログイン手順

 

エックスサーバーの登録が完了しましたらログインをすることが出来るようになります。

 

まず登録しましたメールアドレスへ大切な情報が記載されてあるメールが届いてますので開封して中身を確認して保存しておきましょう。

 

 

 

こちらでは、アカウントIDとメールアドレスを確認出来ます。

 

 

 

管理ツールのログイン情報を確認出来ます。

 

 

 

サーバーパネルへログイン出来るIDとパスワードが記載されています。

 

 

こちらではETPの情報が記載されており、今後必要になってくる情報ですので把握しておきましょう。

 

 

 

エックスサーバーを初めて申し込みしましたら使用期間ですので、今後も利用していきたい場合は使用期間内にアカウントよりお支払いをしましょう。

 

契約を終了したい場合はアカウントの解約から契約を解除しましょう。

 

 

 

 

それでは、ログインURLからエックスサーバーにログインしてみましょう。

 

 

エックスサーバーにログイン

 

 

メールに記載されてましたアカウントIDもしくはメールアドレスとアカウントパスワードを入力してログインをクリックします。

 

サーバーを契約している事が確認出来ます。

 

 

 

ドメイン取得の手順

 

それでは、サーバー契約後はドメインを導入するためにドメインの取得の手順に入ります。

 

サービスお申込みをクリックします。

 

 

 

ドメイン欄にエックスドメインがありますので【新規申し込み】をクリック。

 

サーバー契約でx20、x30を契約した方はドメインが一つキャンペーンでついてくるので【キャンペーンドメイン】をクリックして取得しましょう。

 

 

続いて利用規約、個人情報に関する公表事項を確認して【同意する】をクリックします。

 

 

 

こちらでは、取得したいドメイン名を入力して【.】後が現在どれが取得できるのかをチェックすることが出来ますので、まずwww.【〇〇〇〇】にお好きなドメイン名を入力してドメイン名をチェックしましょう。

 

 

 

仮で【teamcryptop】と入力して「com」、「net」、「jp」を選択しドメインチェックしてみたところ、「com」、「net」がそのまま登録年数を選択して取得可能と表示されました。

 

「jp」もwhois登録情報の設定を行えば取得できますが、今回は割合します。

 

 

取得するドメインは1つでいいので今回は「com」を選択して申し込みを行おうと思います。

 

 

「com」のみにチェックを入れ登録年数を選択し、ネームサーバー初期設定は「エックスサーバーを設定する」にチェック、【お申込内容の確認・料金のお支払い】をクリックしましょう。

 

 

 

料金のお支払い・請求書発行画面に切り替わりますので支払い方法の選択をして支払いましょう。

 

クレジットカード・銀行振込・ペイジーから選択できます。

 

 

 

ドメインを所得し料金のお支払いを完了したら、続いて契約したエックスサーバーと関連付けする作業をします。

 

 

エックスサーバートップページの【サーバー管理】をクリックします。

 

 

 

【ドメイン設定】をクリックします。

 

 

 

「ドメインの追加設定」ボタンをクリックし、所得したドメイン名を入力して確認画面へ進むをクリックしましょう。

 

注意書きがありますが、追加したドメインがサーバーに設定されて利用可能になりまで1時間程度かかるので待ちましょう。

 

 

以上でエックスサーバーでドメインを所得しサーバーと関連づけることができました。

 

 

これらの作業は今後サイト運営していく上で何回も行う作業ですのでしっかりと覚えておきましょう。

 

 

ワードプレス簡単インストール手順

 

それではワードプレスの導入設定を行っていきます。

 

ワードプレスをインストールしたらサイトの運営を行えるようになりますのでもう一歩です。

 

まず、エックスサーバーのサーバーパネルにある変更後、同じ画面にある「自動インストール」という部分をクリック。

 

 

WordPressをインストールするドメインを選択してくださいと表示されますので、ドメイン取得したドメインを選択します。

 

 

ワードプレスインストールの方のタブをクリックします。

 

すると、必要事項を記入する欄が以下のように表示されます。

 

 

 

この中で入力する箇所は、

「ブログ名」

「ユーザー名」

「パスワード」

「メールアドレス」

の4箇所です。

 

ブログ名:これから運営していくブログのタイトル名を記入します。後で変更することも可能ですので、まだ決まっていない場合は適当に記入してもOKです。

 

ユーザ名:wordpressにログインするときのユーザ名を記入です。

 

パスワード:wordpressにログインするときのパスワードになります。

 

メールアドレス:wordpressからの連絡がきたり、ブログにコメントが書き込まれたときにこのメールアドレスに届きます。メールアドレスは後から変更することも可能です。

 

 

以上のように設定が終わりましたら、右下の【確認画面へ進む】をクリック。

 

続いて、表示された画面の登録内容の確認が行われます。

 

誤りがない場合は「インストール(確定)」をクリックすると、自動インストールが開始します。

 

以上でエックスサーバーにwordpressをインストールする作業は終了です。

 

 

インストール完了したら、続いて完了画面で表示された「http://(ドメイン名)/wp-admin/」というURLをクリックします。

 

 

 

すると下記の画面が表示されるので先ほど設定した「ユーザー名」「パスワード」を入力しましょう。

 

 

「ユーザー名」「パスワード」を入力するとワードプレスの管理画面にいきます。

 

この管理画面から記事を更新したり編集したりしていくので、しっかりブックマークしておいていつでも入れるようにしておきましょう。

 

以上にてサーバーとドメインの取得及び紐づけが完了してサイト運営が出来るようになりました。

 

 

まとめ

この通りワードプレスを開設するのに必要なのは

  • サーバー
  • ドメイン
  • メールアドレス

だけです。

 

自分でワードプレスをインストールし運営していくのは難しい!と思われがちですが、やってみると意外と簡単にできるんだなぁと実感したのではないじゃないでしょうか?

 

これからブログ、サイトの運営を行えますので楽しんでいきましょう。