スポンサーリンク

仮想通貨の王道ビットコインが2009年に運用が開始され、2014年何故か日本にあったビットコイン両替所のマウントゴックス社が破綻しましたね。(実際は社長のビットコイン持ち逃げなので犯罪)
そして、沢山の被害者が生まれニュースにもなった仮想通貨は、危ないや怪しいとレッテルを貼られ、終わりを迎えたと思った方も少なくないと思います。
逆にそのビットコイン持ち逃げ事件がキッカケでビットコインそのものを認知した人もいるでしょうね。
ちなみにこの事件は仮想通貨、ビットコインは危険なものであるということではなく、ビットコインの両替所を営んでいたマウントゴックス社による1社の両替所の犯罪によるものでした。
つまり仮想通貨、ビットコインが危険や危ないといったものではないのが真相です。
しかし分からないものは怪しい、大丈夫か信用できないとイメージを植え付けてしまう人がいたり不安に駆られる人もいるわけで一時期、仮想通貨の信用はなくなりました。
そのように1つの両替所によって仮想通貨、ビットコインの世間のイメージが悪くなりましたが、仮想通貨、ビットコインの技術を認識し理解していた人がいたことや事件がキッカケで真相を勉強する人がいたことからグングンと価値を上げていったのも事実です。
それだけでなくビットコインが誕生してその技術に目をつけた技術者は、第二、第三といった仮想通貨を開発させていきました。
そして現在では公開されていて技術が備わった仮想通貨は600種類以上にのぼっています。
そこで今回は、市場に公開され技術、特徴がある仮想通貨の種類を紹介したいと思います。

仮想通貨の種類とは?

 仮想通貨の種類あげたらキリがないほど誕生しています。
1つ1つの技術や特徴について知っておいて損はないと思いますが、価値が未公開の時より上がっていなかったり、開発元が力を注いでいないようなコインはあまり覚える必要はないと思います。
ここからは価値が上昇したり、技術や特徴に注目が集まっている覚えておきたい主要コインを挙げていきますね。

ビットコイン

  1. 技術:決済機能、ほぼ無料での送金
  2. 特徴:P2P技術により匿名性が高い、取引記録が公開されているので不正、改ざんできない、発行主体元がないのでユーザー全員でビットコインを管理
  3. 総発行量:2100万枚
ビットコイン決済が可能な店舗はまだ日本には少ないものの海外では増えている傾向にある
国内外送金が簡単に可能で送金手数料が個人間のやり取りで完結する技術のため手数料が安い、ほぼ無料
発行母体がないため各国の通貨のリスク回避の資産としてもつ人が増えている

ライトコイン

  1. 技術:決済機能、ほぼ無料での送金
  2. 特徴:ビットコインとほぼ同じ特徴、発行主体がいる、埋蔵量がビットコインと比べ多い
  3. 総発行量:8400万枚
ライトコインのマイニングは労力がかからず、ビットコインの問題点である決済スピードは平均10分ですが、ライトコインはその欠点を補うべく2分ほどで行えるという利点があります。

ジーキャッシュ

  1. 技術 :ゼロ知識証明を用いた技術により閲覧キーがないと取引を見れない
  2. 特徴:匿名性が高いことから送金金額、送金者、受領者が断定できない、第三者に資産のやり取りが明かされない
  3. 総発行量:2100万枚
取引の追跡が出来ず、ビットコインよりも秘匿性が高いことから今後も注目が集まる仮想通貨ですね

リップル

  1. 技術 :リップルネットワークに参加することで素早い送金、低コストでお金の取引ができる。ビットコイン、米ドル、日本円など法定通貨と両替が可能
  2. 特徴:中央集権を通さないので手数料がほぼかからない、決済時間がビットコインより早いグーグルが出資している
  3. 総発行量:1000億枚
多くの銀行がリップルを採用する理由は、国際送金にかかる日数を解消するためや24時間365日低コストでやり取りが出来ることからリップルと提携していることが読み取れます。

オーガ

  1. 技術 :分散型未来予測市場プロトコル
  2. 特徴:未来起こるであろうことに対してユーザー間で賭けを行い、その賭けの結果をユーザー間で認定することができる
  3. 総発行量:1100万枚
 
ギャンブル、保険業界のイノベーションとして高まっている仮想通貨ですが、あまりにも専門的で未知数です。

イーサリアム

  1. 技術:決済機能、人間が介入しない自動契約
  2. 特徴:ある契約の条件や履行までを自動契約してくれる仕組み
  3. 総発行量:7200万枚
ビットコインを仮想通貨1.0といいますが、イーサーはビットコインにない技術スマートコントラクトがあることから仮想通貨2.0になります。身近なものに例えると自動販売機が似てますね。

モネロ

  1. 技術 :ワンタイムリング署名という送金技術。承認時間も1分で行えることから送金機能としてもカタイ。
  2. 特徴:Moneroのアドレスは「閲覧用」と「送金用」の秘密鍵から生成されており、非常に長い特徴がある
  3. 総発行量:1840万枚
匿名で送金、それらの取引の追跡が困難なことから犯罪にも使われないかと懸念されている。ジーキャッシュと同じく匿名性が高い仮想通貨です。

ダッシュ

  1. 技術 :即時取引
  2. 特徴:ダークセンドとよばれるトランザクションにより高い匿名性がある。取引の承認時間はなんと4秒しかかからない。
  3. 総発行量:2400万枚
ジーキャッシュ、モネロに続いてまたもや匿名性が高いコイン。取引を分散型台帳で公開しているが急騰、高値ですが、匿名性が高いダッシュなども高騰しているのがキーポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は仮想通貨の種類、市場に公開されて仮想通貨ランキングが高いコインを紹介しました。
秘匿性が高いコインが3つもあり、初めて仮想通貨の記事を見る方には、大丈夫なのか!?と思う方もいるかもしれませんが、どの仮想通貨も技術や特徴がしっかりあるからこそ市場に定着しており、投資家は今後の将来性も楽しみにしているのでしょう。
仮想通貨の誕生により世の中や社会が良い方向に変革したらなとMは思ってています。
ビットコインに対しては投機ですが(笑
BIT LIFEを楽しんでいきましょう!

スポンサーリンク