スポンサーリンク

こんばんは、mr.Mです。

 

旧アントシェアーズことNEOが注目を浴びて、時価総額ランキング10位になりました。

中国版イーサリアムといわれてるNEOですが、2位のイーサリアムまで着実と近づいているように感じますね。

 

特徴としては、イーサリアムにもない技術も備わっていますが、将来的に現在のイーサリアム相場に上り詰めるような気がしているのは僕だけでしょうか?笑

 

調べれば調べるほど、開発の声や情報を目にするほど、非常にポテンシャルが高い将来性のある仮想通貨だと感じます。

 

そのような今後も面白そうなNEOですが、NEOを保管できるウォレットがありましたのでシェアします。

 

今までBITTREXで購入し保管していたので、ウォレットに入れておきたいなと気にしてたんですよね。

 

ウォレットでも無限にありますが、今僕が使用させてもらっているウォレットは、最悪の場合のプライベートキーもあり、操作性も非常にシンプルなので、かなりオススメできるものと感じてます。

 

さらNEOに関連性があるトークのGASがNEO保有数に応じて配当が得られるウォレットでもあるんですね。

 

ただNEOを保管しておくだけで資産が増えていく、なかなか使い勝手がいいウォレットではないでしょうか。

 

それでは今回は、NEOを保管できるウォレットのインストール方法と使い方、NEOをウォレットに保管していればどのぐらいGASが配当としてもらえるの?といったところを解説していきます。

 

NEON walletのインストール方法

NEOを保管できるウォレットもいくつかありますが、中でもNEOホルダーから高評価なのがNEON walletです。

 

それでは早速インストール方法から入っていきましょう。

 

まずこちらのNEON walletをクリックします。

 

クリックしますとインストールサイトへリンクしますので下記へスクロールしましょう。

 

ダウンロードではMAC、windowsなど対応してます。

 

今回は、windowsで進めていきます。

クリックしましたらPCへインストール出来ますので、デスクトップ上に表示され、いつでもリンク出来るようになりましたらダウンロード完了です。

 

※現在NEON walletはアップデートされており0.0.5版がリリースされています。

 

NEON walletの登録とログイン方法

インストールが完了しましたらNEON walletを開きます。

 

最初は登録がされていないので、【New wallet】をクリックします。

 

次の画面では、あなたのパブリック受信アドレスとプライベートキーのQRコード、アドレスが表示されます。

 

受信アドレスは、NEON walletへNEOやGASを保管する際につかうアドレスになります。

 

プライベートキーは、秘密鍵ですのでウォレット保管として一番重要なものになります。

 

プライベートキーをバックアップして保存していれば最悪のケースでも資産を守れますが、裏をかえればプライベートキーが盗まれると、資産も盗まれるリスクがあるので、第三者が見れないように必ず控えましょう。

 

控えましたら、【Back to Login】をクリックします。

 

先ほど控えたプライベートキーを入力し【Login】をクリックします。

 

ログインしますとこのようなシンプルウォレットが表示されます。

 

このように赤枠の通りあなたの受信アドレスも表示されてますし、NEOの数量、GAS数量もひと目でわかる仕様ですね。

これにてログイン方法は終了です。

 

NEON walletへNEOの送金方法

それでは、取引所に保管してあるNEOを実際にNEON walletへ送ってみましょう。

 

今回はBITTREX取引所から試しに3NEOを送金してみます。

受信アドレスをNEON walletからコピペして貼ります。

 

量を3.1NEOで入力している理由ですが、BITTREXは0.1NEOの手数料がかかってきますので、BITTREXからNEON walletへ送る際には、手数料をひいた数量をキリよく送金するようにしましょう。

 

なので例えば、3NEOで送金した場合、手数料0.1がひかれるので、2.9NEOの送金となりますが、walletに反映される数量は2NEOになりますのでご注意ください。

 

ちなみにウォレットから取引所に送る際には手数料はかかりません。

 

 

続いて、引き落とし確認画面では、二段階認証コード6桁を入力し【確認】をクリックします。

 

NEO walletを確認してみるとこのようにNEOの枚数とドル換算で表示されます。

 

これにてNEO walletへの送金方法は完了です。

 

NEOプラットフォームの通貨GASの配当を計算出来るサイト

そもそもGASとは何!?と思うと思いますが、簡単に説明すると、NEOはプラットフォームでGASはプラットフォーム上の通貨という位置付けです。

 

つまりイーサリアムのイーサみたいなものです。

 

で、プラットフォームであるNEOを保有していると、GASが分配されるというホルダーには嬉しい特典が。

仕組み的には、NEOの技術であるスマートコントラクトの作成や使用等にGASが必要とされ、その過程で使用されたGASは、ビットコインで言えばマイナー、そしてNEOホルダーに分配されるというものです。

 

勿論今回解説しているNEON walletもGASが配当として貰えます。

 

で、NEOを保管しているとGASを配当でもらえるのは特定のwalletようですが、NEOを保有しておくことで、貰えるGASを換算してくれるサイトがあります。

NEOTOGAS

 

こちらの赤枠に保有しているNEOの数量を打ち込んで【計算する】をクリックすると

 

このようにGASの配当計算がされますよ。

 

NEOを1000枚保管していた場合、このように理論と実際の計算2通り表示され

  • 1日あたり
  • 毎週
  • 年間

のシュミレーションを確認することができます。

 

非常に便利ですね。

 

追記

※現在NEON walletはアップデートされており0.0.5版がリリースされています。

0.0.3版を使用していた方は、Bittrex APIの変更によりNEON walletからBittrexへ送金できなくなっているので、0.0.5版をリリースしてプライベートキーを入力しログインすることで送金を行うことができます。

 

まとめ

仮想通貨NEOとGASを保管出来るNEON walletの登録方法と使い方を解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

ANSからNEOへと名称が変わるだけでなく、新たなホワイトペーパーが公開され、開発が着実と進んでいるNEO今後の展開が気になるところですね。

 

操作性がシンプルなwalletもあり、特定のwalletに保管しておくことで、NEOプラットフォームの通貨GASが配当として受け取れる。

 

保有しておくことの恩恵を感じるものです。

 

計算サイトも便利なので配当狙いの方は、NEOをどのぐらいの枚数の保管で、どれほどGASが貰えるのか、隅々までチェックしてみてくださいね。

 

僕もがっちりNEOの将来性を期待してホールドしていきます。

 

仮想通貨LIFE楽しんでいきましょう。

 

mr.MがLINE@で徹底サポート!

LINE@も運営中です。

 

是非何でも相談してくださいね。

スポンサーリンク