スポンサーリンク

仮想通貨といえばよく耳にするビットコインですが、ビットコインの高騰ぶりは頭に焼き付いているでしょうか?

 

こちらの仮想通貨とは?ビットコインを分かりやすく解説!の記事でもサラッとお伝えしましたが、2009年1BTC当たり0.07円だったものが2017年現在1BTC当たり約15万円という爆発的な伸びっぷりです。

 

ちなみにアマゾンがビットコイン決済を採用した場合1BTC当たり20万~40万と予測もされています。

 

安い時にビットコインを沢山もっていれば、それだけでも儲けが出るわけですから、この伸び代は末恐ろしいですよね。

 

そんなアメリカンドリームを掴めてしまった億万長者がいるビットコインですが、仮想通貨はビットコインだけではありません。

 

ビットコイン以外のコインは未公開のものを含めると2000種類以上にのぼります。

 

「そんなにあるの!?そもそもそんなに聞いたことないんだけど」と思いますが、ビットコインはオープンソースなことから仕様を改善したりすることで比較的容易くコインを誕生させる事が出来ます。

 

その内のアルトコインというものは、ビットコインの機能を改良させて作成されたもので、現在600種類以上市場に公開されており、ビットコイン代替えコインと称されています。

 

名前を挙げると有名どころは、銀色でLの文字が入ったライトコインやドージという名前の柴犬をモチーフとしたドージコインなど、ちょいとおふざけが入ったコインが流行りました。

 

ちなみに日本発祥のモナコインは2ちゃんねるのユーザーに作られたもので、実際に物やサービスと交換することができるようですよ。

2ちゃんねらーは、パソコンに強いイメージがありますが、仮想通貨まで誕生させるなんてスゴイですね。

 

さて、アルトコインは開発元がしっかり力を入れているコインもありますが、容易くコインを作成することが出来ることから、価値が感じられない詐欺になりうるコインも誕生しているようです。

 

ビットコインのように末恐ろしく化けると口実をつくり、価値の裏付けがない仮想通貨を販売し、実際に詐欺被害に遭われてる方もいるようなので、見極め方をしっかり会得しておく必要があると思います。

 

そこで今回は、仮想通貨に投資して失敗をしないために、大きく言えば仮想通貨詐欺に騙されない仮想通貨の見極め方を解説していきます。

 

仮想通貨に投資して失敗しないポイント

最初にぶっちゃけますが、仮想通貨の95%は詐欺ではないけど詐欺になりうるコインばかりです。

 

このような遠回りした言い方をしたのは、仮想通貨は最初から市場に公開されているわけではなく、未公開の時がありまして、開発者が市場に定着させようと力を注ぐことや需要がある技術あることで、欲しい人がいるので公開後も買い手が付き、価値を保てる仕組みになっています。

 

「なのであのコインは絶対詐欺だ!」と断言して決めつけることはなかなかできないですし、決めつけてしまえばただのアンチになってしまいます。(見るからに怪しいコインも存在しますが・・・笑)

 

ということでこれらのことを前提に市場に定着しやすい仮想通貨、詐欺になりうる仮想通貨と分けて紐解いていきますね。

 

市場に定着されやすい仮想通貨

  • 総発行量が決まっている
  • ビットコインと両替え(換金)ができる
  • プレセール期間中に倍以上価格が上がっていない
  • 必要性がある
  • 技術がある

 

詐欺になりうる仮想通貨

  • 総発行量が決まっていない
  • ビットコインと両替ができない
  • プレセール期間に価格が2倍以上つりあがっている
  • 市場に公開後買い手がつかない

 

ポイント1.総発行量は?

ビットコインの総発行量は2100万枚でしたね。後市場に公開され定着しているコインも総発行量の上限は決められています。

 

この総発行量は需要と供給による投機的な面でかなり重要です。

 

何故なら供給に上限があることで需要があるものは価値が上がります。

 

シンプルにAmazonショッピングでアーティストのCDで例えます。

 

通常盤は供給が多いので値段はほぼ変わっていませんが、初回生産限定版となると生産数が決められていることから、値段が高くなっているとこを見かけませんか?

 

つまりこの現象は、供給より欲しいという人の需要が高いことから需要と供給のバランスが崩れて価格が上がっているんです。

 

なので総発行量に上限が決められているものは、市場に公開後価格が上がる可能性を秘めているということなんですね。

 

ポイント2.ビットコインに換金可能か必要性や技術があるか

沢山の仮想通貨が誕生していますが、ビットコインと換金ができないものは怪しいと思っていいでしょう。

 

その仮想通貨にしっかりとした技術があり、世に必要とされる理由がないと買い手がつかない恐れがあります。

 

シンプルにビットコインにはない技術や必要性がなければ、ビットコインでいいじゃないかという話しになりますよね。

 

そして取引所がその仮想通貨を取り扱ってない限り、売ることができず買い手がいなければ手もちの紙くずのようなものになってしまいます。

 

僕が今まで見た仮想通貨の中でビットコインと換金ができる仮想通貨は、開発者や開発元がインフラ整備やプロモーションにしっかり力を注いでいたのでそこも見極めるポイントでしょう。

 

ポイント.3プレセール期間の価格は?

まだ未公開となっている仮想通貨の投資案件には、プレセール期というものがあります。

 

このプレセール期というのは、まだその仮想通貨が市場に公開されずておらず、安い時に購入できる期間のことです。

 

プレセール期に購入することでビットコインのようなアメリカンドリームを掴むチャンスが大きいのですが、注意したいのはこの期間に価格がどれだけつり上がるようになっているかです。

 

プレセール期間というのは、第1期~第4期など期間を区切って期間別に値段、発行量を決めてあるのですが、例えば第1期の値段より第2期の値段が2倍以上つり上がっているものは、プレセール期間のつり上がり具合から、公開後売りに走る人が大勢いるため、買い手がつかず価値のないコインになってしまう高いからです。

 

ちなみに仮想通貨ランキング2位のイーサリアムでさえ未公開から公開時で70倍にもなりましたが、期間中2倍以上つり上がっていませんでした。

 

ビットコイン並み!?値幅変動が大きかった仮想通貨

それでは実際にプレセール期間から市場公開後の値幅変動が大きかった仮想通貨を取り上げてみましょう。

 

Ethereum(イーサリアム)

イーサリアムはプレセール期間中は、2000ETHを1BTCから交換できたようです。

 

リリース後には16倍、最高で70倍を更新したことからビットコインだけでなくイーサリアムも仮想通貨を盛り上げる火付け役になったのではないでしょうか。

 

イーサリアムの技術はスマートコントラクトというビットコインにはない技術です。

 

で、ビットコインは決済機能ですが、イーサリアムは決済+自動契約を行えることから、イーサリアムのプラットフォームを活用したカジノや宝くじの仮想通貨が誕生していますよ。

 

Zcash(ジーキャッシュ)

匿名性がビットコインより高いことから第二のビットコインと称されたのがジーキャッシュです。

 

ビットコインは取引を誰でも見れますが、ジーキャッシュの場合は閲覧キーをもっている人にしかその記録を見れないことから、かなりセキリティ面に特化したコインです。

 

ちなみにリリース直後の値段は2億だったそうですよ。

現在は1ジーキャッシュ4~6千前後ですが、ここまでくると仮想通貨のえげつなさが分かりますね。笑

 

まとめ

仮想通貨の投資に失敗しない見極め方を解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

市場に定着されやすい仮想通貨は

  • 総発行量が決まっている
  • ビットコインと両替え(換金)ができる
  • プレセール期間中に倍以上価格が上がっていない
  • 必要性がある
  • 技術がある

詐欺になりうる仮想通貨は

  • 総発行量が決まっていない
  • ビットコインと両替ができない
  • プレセール期間に価格が2倍以上つりあがっている
  • 市場に公開後買い手がつかない

これらのような条件でしたね。

 

現に怪しいコインもあれば市場にリリース後、価値をグーンと伸ばして何十倍にも膨れ上がる仮想通貨も存在してます。

 

ぜひこの見極めのポイントと照らし合わせてみてくださいね。

スポンサーリンク