スポンサーリンク

こんばんは、mr.Mです。

 

仮想通貨トレードが盛んな韓国情報になりますが、26日大きなニュースが舞い込んできました。

 

スマートフォンのメッセンジャーアプリといえば、LINEが日本では有名ですし使っている方が多いと思いますが、韓国の人気どころのメッセンジャーアプリはカカオトークです。

 

カカオトークの実績としましては、世界中で2億人以上のユーザーを抱え、90%以上の人がダウンロードしているようです。

 

以前日本で話題になった頃に僕も登録だけしましたが、操作性と画面レイアウトがLINEと瓜二つの記憶があり、とても使いやすそうな印象を受けました。

 

結局LINEが流行ってたのでLINEメインなりましたが。

 

そのカカオトークに基づく韓国の証券取引アプリ”カカオストック”を運営するフィンテック企業のDunamuが仮想通貨取引所UPbit(アップビット)をオープンする予定です。

 

今回は仮想通貨、韓国取引所UPbit(アップビット)がビッグニュースとなった理由や実際公開されている情報を解説していきます。

 

仮想通貨取引所UPbit(アップビット)のオープン予定日

予定日は現在10月とザックリと決まってますが、事前登録は9月25日月曜日から出来る状態です。

会員登録はカカオアカウントでシンプルに登録出来るようです。

 

しかも事前登録をしたユーザーは特典が上記のようにあるようですよ。

 

  1. 111種類にちなんで111人にいずれかのコインが1枚配布される
  2. 事前申し込み順取引サービスをオープンされる

 

待ち望んでいるユーザーをくすぶるようなローンチの仕方ですね。

楽しみに感じます。

ちなみに韓国の仮想通貨の取り扱いは日本と同じく非課税ですよ。

 

利用端末について

仮想通貨取引所UPbit(アップビット)では

  • iOS
  • Android
  • PC

パソコン、スマホからアクセスすることが出来て、高速で安定的な取引が出来ると告知されています。

カカオストックをつくった企業が証券取引アプリのノウハウを引っさげて運営することになりますから安心材料ではないでしょうか。

 

セキリティはどうなの?

UPbit(アップビット)取引所のセキリティに関してウォレットはBITGO、アカウントはkakaopayで、どちらも二段階認証のセキリティ機能は取り込まれているようです。

 

投資ガイド、情報を得れる?

UPbit(アップビット)の親切なサービスとしてコインのリアルタイムでの動向やアルトコインの分析を情報を得ることが出来るようですよ。

 

UPbit(アップビット)はBITTREXとパートナーシップを契約

ポロニエックスと同様に有名な世界最大手の仮想通貨取引所Bittrex(ビットトレックス)独占的に提携を行いオープンとなります。

 

Bittrex(ビットトレックス)では、アルトコイン200種類近くの仮想通貨を取り扱っているので、UPbit(アップビット)取引所でもそれらのコインが上場するのでしょう。

 

取り扱う仮想通貨の種類は現在の情報で111種類を扱いますが、取引所の運営が大盛り上がりとなれば将来的には種類が増えるかもしれませんね。

 

取り扱う仮想通貨とは?

仮想通貨トレードをしている身として一番気になるポイントですよね。

 

現在韓国の既存取引所では6~8種類の仮想通貨しか取り扱われていない中、UPbit(アップビット)取引所では111種類を予定しています。

 

ロゴやHPから現在確認が取れているのは

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン
  • ダッシュ
  • NEO

です。

 

韓国は仮想通貨トレードが盛んな印象があるので自身が保有しているコインが上場するのか楽しみですね。

 

情報入りましたらおって解説します。

mr.MがLINE@で徹底サポート!

LINE@も運営中です。

是非何でも相談してくださいね♪

スポンサーリンク