こんにちは、Mです。

 

ITO(Initial Transparency Offering)の資金調達により始動したRMXプロジェクトですが、新バージョンのコインであるBCコインへスワップして事業を再開するとのことです。

 

 

今回は保有しているRMXをRMT中継所を通しBCコインへスワップさせる作業を解説します。

3/7日現在スワップ作業の手続きの最終段階まで行うことが出来ない状態ですので、可能な範囲の作業手順になりますがご了承ください。

 

 

BCコインとは

RMX[からスワップされるバンクコイン(BCコイン)ですが、従来のRMXの生態性と同じくPLAYBET(プレイベット)のゲーム収益をBCコインの保有数に応じて配当を得れるコインになります。

 

またこちらのBCコインですがある取引所でIEOが実施される予定となっているとのことです。

 

IEOの日程に関しては、下記から解説しますRMT中継所のホームページで告知される予定となっております。

 

 

RMT中継所の登録方法

RMXをBCコインへスワップさせるためのRMT中継所の登録方法をこれから解説します。

 

流れとしては

  1. RMT登録
  2. KYC提出
  3. 生成ウォレットへBCコインが配布

となるとのことです。

 

それでは開設手順へ進めますが、注意点としてRMT中継所にて登録する際はGoogleクロームから登録を進めてください。

 

 

まずRMT中継所へリンクします。

 

先のように注意書きが表示れますのでGooglechromeで開いている事を確認してください。

 

RMT中継所のHPへいきますと利用時の留意事項案内が表示されます

 

日本語表示にも出来ますので分かりやすいHPになっております。

 

 

【新規登録】をクリックします。

 

 

同意書が表示されますので目を通して同意しますをクリックします。

 

 

  • お好きなID
  • 登録するメールアドレス
  • お好きなパスワード
  • パスワード再確認
  • お好きな名前
  • 紹介者ID(任意)

こちらを入力して【RMT会員登録】をクリックします。

 

これにて登録が完了です。

 

 

KYC提出手順

続いてKYC登録手順にはいります。

 

 

登録したID、とパスワードを入力して【ログイン】をクリックします。

 

 

まずパスポートの提出手順ですが、【認証申請】をクリックします。

 

  1. 国籍
  2. パスポート番号or身分証明書
  3. パスポート番号or身分証明書番号
  4. 氏名

 

氏名はパスポートで申請しましたがローマ字で入力しております。

 

  1. 性別
  2. 生年月日
  3. パスポートor身分証明書写真
  4. 本人とパスポートor身分証明書をもった写真

 

3、4をアップロードして【申請】をクリックします。

 

 

申請しましたら待機になります。

提出した申請データはいつでも詳細確認出来ます。

 

 

続いてメールアドレス認証にいきます。

 

 

メールアドレスを入力して【認証コード発送】をクリックします。

 

 

登録したメールアドレスの受信ボックスに認証コードが届きますので、認証コード欄にコピー&ペーストをして【認証】をクリックします。

 

 

認証完了が表示されましたら完了です。

 

 

追伸

RMT中継所の使い方ややスワップ作業に関しては、3/7現在、運営元より情報待ちとなっております。

 

続報入りましたら記事を更新しますので宜しくお願い致します。