スポンサーリンク

こんばんは、mr.Mです。

 

大切な暗号通貨資産を保管できる財布として優位性があるハードウェアウォレットですが、8/1~11/15日に予定されているUASF、UAHF問題が浮上したこともあり、ハードウェアウォレットの需要が高まっているようですね。

 

以前ハードウェアウォレットであるトレザーを購入したのですが、リップル(XRP)には対応していなかったので、リップル(XRP)を保管できるハードウェアウォレットのLedgerNanoS(レジャーナノS)購入を行うことにました。

 

 

ちなみにLedgerNanoS(レジャーナノS)で保管できるコインは

  1. BTC(ビットコイン)
  2. XRP(リップル)
  3. ETH(イーサリアム)
  4. ETC(イーサリアムクラシック)

の4種類です。

トレザーはXRP(リップル)に対応していないのでLedgerNanoS(レジャーナノS)光りますよね。

 

 

しかし!

 

トレザーを購入した時にも思ったのですがハードウェアウォレットは品薄感があり、日本国内で探してみたところLedgerNanoS(レジャーナノS)も納期がとてつもないことに・・・・

 

 

価格も需要と供給のバランスが崩れ高値になっています。

 

安全性を求めて人気が出ており供給が追いついていないと思いますが、ついにせどらーも違う形で参入してきたわけですね。笑

 

LedgerNanoS(レジャーナノS)を海外公式サイトで購入する方法

 

日本のネットショップ、大手のアマゾンでは品薄なことから高値になっており、納期も直近で9月上旬、下旬という事でした。

 

そんなLedgerNanoS(レジャーナノS)ですが、海外の公式サイトで注文ができるということで見てみました。

 

やはり出荷作業が9月ということで手元に届くまで時間がかかるようです。

 

しかし国内Amazonで購入出来たとしても早くて9月上旬で、値段も定価越えで高値なので海外で注文してみることにしました。

 

そんな感じで今回は海外の公式サイトでの購入方法を解説していきます。

 

購入したい製品をカートに入れる手順

 

まず、Ledger社の公式サイトにリンクしましょう。

 

今回はレジャー社のハードウェアウォレットであるLedgerNanoS(レジャーナノS)を注文します。

 

まず製品カテゴリーにLedgerNanoS(レジャーナノS)があるのでクリックします。

 

【カートに追加】を押します。

 

他の商品を購入しないのであれば【チェックアウト】をクリックします。

これでカートに入るので購入に進むことが出来ます。

 

 

郵送先の入力

 

ここでは郵送先を入力していきます。

 

赤枠に入力していきます。

  • 行き先:日本
  • 郵便番号:現住所の番号
  • 配送方法:普通と速達どちらか

 

配送納期ですが普通と速達どちらかを選べますね。

  • 予定されている日付から7~21日かかり送料が23.70ユーロ(3055円)の普通納期
  • 予定されている日付から7日前後と速達だが送料が57ユーロ(7011円)の速達便

 

得に急いではいないので今回は普通納期にしました。

 

送料高くなってでもいち早く欲しい!という方は速達便を選びましょう。

 

 

引き続き、購入のために必要な具体的な郵送先、個人情報を入力していきます。

上から順に上記のように記載していく必要がありますので参考にしてみてください。

 

注意点は

  • 上記の画像は、日本語訳をしているので本来の記入はローマ字になります。
  • 郵便番号と電話番号は-(ハイフン)がいりません。
  • Additional information(追加情報)やEu Vat Numberの欄は空白で問題ありません。

 

概要を確認

 

入力が完了しましたら下にスクロールすると注文の概要が記載されてありますので、概要を確認後チェックボックスにチェックを入れます。

概要としては、利用規約、納期の確認、郵送先に間違いがないかといった最終確認です。

ニュースレターの項目のチェックはご自由のようです。

 

それにしても今回注文している分は9/4日に出荷の見込み予定なので、注文しておよそ2ヶ月後ですからLedgerNanoS(レジャーナノS)恐るべし需要とひしひし感じます。忘れた頃に届いてそうです。笑

 

決済方法の選択と手順

 

最後に決済方法を選択する画面です。

 

LedgerNanoS(レジャーナノS)の注文では

  • ビットコイン
  • クレジットカード(VISA、マスターカード)
  • ペイパル

3つに対応しています。

 

今回は、ビットコイン支払いを選択しました。

 

選択しましたら【持続】をクリックします。

 

こちらでは最終確認として製品と送料を合算させた金額の記載もあります。

そして配送について9/4日から出荷作業が始まり到着までに7~21日の日数かかりますよ!という記載があるのでこちらも確認。

 

 

続いて支払い方法確認し【確認と支払い】をクリックします。

 

メールアドレスを入力してくださいと表示されるので、郵送先にて入力したメルアドを入力し、【次へ】をクリックします。

 

そうしますと先ほど記載があった製品+送料の81.70ユーロをBTC(ビットコイン)で決済する画面に切り替わります。

BTC建てで0.037699BTCということですね。

 

BTC(ビットコイン)アドレスをコピーし、自身のウォレットから表示されているBTC(ビットコイン)を送金(支払う)してもいいですし、QRコードをスキャンし送金でも可能です。

 

送金しますと確定中として確認作業が始まります。

 

トランザクションが生成され、後はマイナーの承認作業待ちということになりますので、赤枠をクリックしましょう。

 

数分後、登録したメルアドの受信ボックスにて注文完了のメールが届きました。

これにて完了なので届くのを待ちましょう。

 

 

まとめ

配送に2ヶ月と長い期間を要しますが、ハードウェアウォレットは今後もかならずといっていいほど、持っておいた方がいいアイテムだと思います。

 

海外の公式サイトで注文は気が引けてしまう作業だと思いますが、上記のように手順を踏めば問題なく注文出来るので、注文を検討している方は是非挑戦してみてくださいね。

 

日本国内でスムーズに購入できるのが望ましいですがヾ(´∀`;)ノ

 

mr.MがLINE@で徹底サポート!

今回の注文の件に関しても疑問がある方は、LINE@で是非相談してくださいね。

LINE@の登録完了の確認のためにスタンプを送ってください。

スポンサーリンク