スポンサーリンク

こんにちは!Mr.Mです。

Quanta(クオンタ)ユーザー、Quanta(クオンタ)購入を待ち望んでいた方には嬉しい朗報が入ってきました。

 

タイトルの通り、Quanta(クオンタ)のQNTUがライカ(Lykke)へ5月16日上場するとのことです。

 

待ちにまった上場速報だっただけにQuanta(クオンタ)ホルダーは期待感と一安心といったことではないでしょうか。

 

今回は、そのQuanta(クオンタ)でも市場にリリースされるといわれているQNTUの情報が入ってきましたので解説します。

 

 

Quanta(クオンタ)についておさらいしたい方はこちら

過去に4つの記事でまとめております。

暗号通貨クオンタが宝くじ市場を覆す?特徴や仕組みを解説!

暗号通貨クオンタ(Quanta)の公開予定日が決定!進捗情報の内容とは?

暗号通貨QuantaのQNT Exchangeへのアップグレード方法を解説

暗号通貨Quanta(クオンタ)QNTの公開と宝くじグローバルローンチはいつ頃?

 

クオンタについて知らない方は是非読み進めてみてください。

 

余談ですが、当管理人が運営しているLINE@でクオンタ購入出来ないですか!?やクオンタの上場についての問い合わせがかなり多かったです。

 

 

https://www.lykke.com/

Quanta(クオンタ)テレグラムに突然発信があったのは正直驚きましたが、スイスに拠点を置くライカ(Lykke)へ(Quanta)のトークン Quanta Network Token Utility(QNTU)の上場を発表しました。

 

QNTUのリリース発表と同時にLykkeの創設者兼CEOであるRichard Olsenは次のように述べています。

「Lykke ExchangeにQNTUを歓迎します。「このリスティングでは、ギャンブル業界において、投資と取引の機会がコミュニティにさらに広がります。

 

それに対してQuantaのチーフ・ファイナンシャル・オフィサー、スティーブン・オーモンド・スミス氏は、

「リケ・エクスチェンジのリスティングは、今年2月に最初の製品を発売した後、クオンタにとって大きな一歩です。これは、人々が数秒でクレジットカードで携帯端末でLykke Walletを通じてQNTUを購入できることを意味します。

とのこと。

 

 

でライカ(Lykke)は聞きなれない取引所でしたので、コインマーケットキャップでライカ(Lykke)の取引所の詳細について確認してみました。(4/22現在)

取引所ランキング143位

1日取引量:33.59BTC

銘柄:BTC,ETH,LKK,STORJ,OMG,EOS,BNP,REP,GNT…etc

 

珍しいなと思ったのが、取引所のホワイトペーパーがある

https://www.lykke.com/media/Whitepaper_LykkeExchange.pdf

 

 

といった感じで銘柄としては鉄板をぼちぼちおさえてますが、1日の取引量が33.59BTCとかなり少なめでバイナンスの1日の取引量と比較するとかなり小規模な取引所の印象を受けます。

 

 

しかし、QNTUのリリースがキッカケで取引量の増加、取引所としてのボリュームも出てくる可能性が大いにありそうなので期待したいところです。

 

 

Quanta(クオンタ)のQNTU他取引所に上場はあるのか

さて、こちらも非常に気になるところですが、他出回っている情報では中国取引所に上場の噂があります。

 

一つはBinance(バイナンス)取引所ランキング1位

もう一つは Huobi(フオビ)取引所ランキング3位

です。

 

上記二つは大手ですので、銘柄事でもかなりボリュームがある取引所です。

 

上位10銘柄ですがこちらに食い込んでいくことを期待したいですね。

 

2つの取引所どちらかに上場はあくまでも噂ですが、、、、

 

個人的に上場先についてこのぐらいでは終わらないと思うので長期目線でホールドでも面白い銘柄でしょう。

 

mr.MのLINE@運営中です。

こちらはプライベートセールのICO情報や速報情報を主に定期的に発信しています。

 

スポンサーリンク