こんばんは、Mです。

 

ストレージマイニングプラットフォームのIPFS銘柄massがMXC取引所に上場して以降大暴れしております。

 

 

当ブログでmassを紹介しておりましたが、4月24日の時点で$0.2175でしたので1ヵ月経たないうちに3倍近くの高騰をしております。

 

ストレージマイニングプラットフォームmassとは?massの概要、マイニングについて

 

特に5月12日からMXC取引所にて年利推定200%のステーキングサービスを開始するというアナウンスが流れたことで、ジリ上げで底を上げていきましたが13日以降からは、とてつもないペースで値を上げています。

 

 

今回は、驚くほどの高騰を継続しているmassについてですが、MXC取引所にてステーキングサービスのアナウンスが来ていた内容と手順について解説していきます。

 

 

MXCによるMASSステーキングアナウンスについて

 

5月12日TwitterのMXCアカウントのツイートからMASSのステーキング第二弾が始まるよ!と流れてきました。

 

推定年利回り200%てどれだけ!?と利回りに驚いたので詳細をすぐに確認してみましたよ。

 

【詳細】

1.最少ステーキング額:0.5mass~

2.推定年間平均利回り:200%

3.最小ロック期間:35日

4.利回りの分配時間:毎日12:00-17:00(UTC + 8)の間に分配

5.ロック解除時間:最低35日後~

 

という条件でmassのステーキングが行えるサービスになっています。

 

凄く面白いのが、最小ステーキング額が0.5massという小銭でステーキングを行えるということ、MXCが提供しているステーキングサービスの中でmassだけ利回りが異常ということです。

 

 

何かの間違いではないかと思いますが、後にステーキングサービスに申し込んだ際の手順や実際どうなのかを解説していきますね。

 

 

5月16日から推定年利回り158%に調整

 

5月15日にマイニング難易度の上昇によりmassのステーキング年利回りが200%から158%に変更になったとアナウンスがありました。

 

5月12日にMXCによるステーキングサービスをアナウンスしており、市場取引価格も高騰している事から難易度が上がったのはステーキングを目当てとして可能性が高いですね。

 

推定年利回りはいきなり158%とややインパクトが薄れましたが、それでもステーキング報酬はかなりの額です。

 

今後もマイニング難易度の上昇によりステーキング年利回りがかわってくる可能性もありますので日々のアナウンスもチェックしていきたいポイントですね。

 

 

MXCでのMASSステーキングの手順

 

それでは、実際にどのような手順でステーキングを行えるのか解説していきます。

 

まずMXC取引所にてアカウントを作成してログイン出来る状態でmassを保有している前提で進めていきますので宜しくお願い致します。

 

⇒MXCにログイン

 

 

MXCのカテゴリーに【pos pool】がありますのでクリックします。

 

 

pos poolではmassだけでなく他のコイン(トークン)のステーキングサービスもありますよ。

 

 

 

【ステーキング】をクリックします。

 

 

 

 

【参加する】をクリックします。

 

 

 

 

ステーキングサービスの詳細とロック数量を入力する画面になります。

 

 

  1. ロック数量を入力
  2. posルールを読む
  3. MXCリスク提示を読む(チェックボックスにチェックを入れる)
  4. 参加する事に同意

 

そうしますとステーキングサービスに申し込みが完了です。

 

 

申し込んだステーキングサービスの詳細、進捗の確認方法

ステーキングしたコインの詳細や進捗情報はこちらで確認することが出来ます。

 

pos poolの【My PoS record】をクリックします。

 

 

 

ステーキングタブをクリックしますと先ほどステーキングに申し込んだmassの詳細が確認出来ます。

 

 

  • ステーキングしたコイン(トークン)
  • ステーキング申し込み日時
  • ロック解除時間
  • ロック数量
  • 推定年利回り
  • ロック進捗日
  • ロックによる収益
  • ロックのステータス

 

を閲覧することが出来ますのでロック解除後まで進捗情報を見ることが出来ますよ。

 

 

リスクについて

現在158%の年利回りでマイニング難易度上昇により年利回りは今後も減少していく可能性もありますが、高利回りのステーキングになるためステーキング解除後の売り圧も想定されます。

5月12日に第二回目のステーキングサービスのアナウンスがありましたので、最短でも12日から35日以降はステーキングロック解除するユーザーが出てくると思いますので、それらを考慮した上でステーキングサービスに申し込んでみることをオススメします。

 

 

まとめ

 

massのステーキングがMXCにて可能に。年間推定利回り200%!について解説してきました。

 

MXCでは

 

1.最少ステーキング額:0.5mass~

2.推定年間平均利回り:200%⇒158%(5/16日現在)

3.最小ロック期間:35日

4.利回りの分配時間:毎日12:00-17:00(UTC + 8)の間に分配

5.ロック解除時間:最低35日後~

 

でmassのステーキングを開始することが出来ましたね。

 

今後もステーキング申し込みよりmassの価格も高騰していくと思いますが、ステーキングサービス参加者はステーキングロックしてから1ヵ月以降にステーキングロックを解除出来る事から売り圧も出てくると思いますので市場動向も考慮しながら注目していきましょう。

 

 

LINE@で極秘情報も配信中!

 

1000人が登録したLINE@を運営中です。

 

massはストレージマイニング銘柄ですが、クラウドスペースを活用したクラウドマイニングも提供しています。

 

massのクラウドマイニングを大口で投資してみたい方がいましたらディスカウント価格で提供出来るので、興味ある方は【mass大口参加希望】とぜひお問い合わせください。

 

LINE@へ連絡