こんにちは、Mです。

 

暗号通貨の時価総額、取引所の取引量などがデータ化されランク付けされているコインマーケットキャップを確認したところ、大手取引所であるバイナンスやフォビ、MXCを抜いて1位にランクインしている取引所がありましたので調べてみました。

 

その名もCoinsbit(コインズビット)です。

 

一日のボリュームが859,930 BTCで、市場リストを見るとBTCやETHペアではUSDT、USDがメインですが、EURもあることから様々な国の通貨で取引が盛んにおこなわれている取引所になります。

 

 

今回は、Coinsbit(コインズビット)はどのような取引所なのか、登録方法やKYC提出、二段階認証の設定など解説していきます。

 

 

Coinsbit(コインズビット)取引所とは?

Coinsbit(コインズビット)は、国策でITのスタートアップを推進している国でもあるエストニアにて、2018年8月に立ち上がった暗号通貨取引所です。

 

ITEcosystemOÜ社の事業は、調べてみたところ保険および年金基金を除くその他の金融サービス活動ですが、Coinsbit(コインズビット)の創設に伴い、暗号通貨の市場にも乗り出したのではと思われます。

経営責任者:ヴィンセント・ヴェイスマン

会社名: ITEcosystemOÜ
法的住所: Majaka tn 26Lasnamäelinnaosa、Tallinn Harju maakond 11412

ライセンス契約:ロア番号FRK001093
TegevusalaVirtuaalvääringurahakotiteenus

 

 

無料エアドロップで貰えた取引所トークンCNBが上場時4倍を記録

2019年年末ごろにCoinsbit(コインズビット)は、取引所トークンであるCNBを無料エアドロップしていました。

 

条件は、アカウント登録とKYC提出で、2000CNB(2万円分)を無料エアドロップしており、上場時には4倍の値をつけた取引所トークンです。

 

現在、CNBはCoinsbit(コインズビット)の取引所トークンだけでなく他の取引所である

  • ビッサムグローバル
  • HOT BIT
  • P2PB2B

でもリスティングされています。

 

ビッサムグローバルは韓国大手取引所ビッサムのグローバル取引所ですし、HOT BITとP2PB2Bは取引所ランキング10位に入っている大手取引所になりますから、今後も注目していきたい取引所トークンですね。

 

 

SNSコミュニティはどうなのか

取引所はどのぐらい認知されているのかTwitter、テレグラムが開設されていましたので確認してみました。

 

Twitterが3万人フォロワー

 

テレグラムが99363人

 

コインマーケットキャップにて数年前から徐々にランクを上げて、つい最近では上位に位置するほど伸びてきましたが、SNSを見る感じ、かなりのフォロワーやファンがいることが分かります。

 

興味深かったのがTwitter開始が2009年であること。

 

取引所がその9年後にローンチしていますから、考察になりますが、前の事業の引継ぎで暗号通貨市場に参入してきたか、BTCが誕生した2009年より暗号通貨の市場で水面下に動いていたのかもしれませんね。

 

 

Coinsbit(コインズビット)は多くの言語をサポート

Coinsbitは、様々な国の言語をサポートしています。

 

  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • ドイツ語
  • フィリピン
  • ロシア
  • スペイン
  • ポルトガル
  • トルコ

etc….

 

このようにグローバルな取引所です。

 

残念ながら日本語はありませんでしたが、Google翻訳で十分に理解できます。

 

後万が一困ったときのサポートへの問い合わせは、日本語も対応可とのことで安心感があります。

 

 

高セキュリティである

Coinsbitでは95%以上の通貨をインターネットから隔離されたオフラインのコールドウォレットで保管しているとのことです。

 

またWAF(Web Application Firewall)と呼ばれるものをサイトのサーバーの前に介在させることで、通信の解析などを行い、悪意あるユーザーからの攻撃をブロックすることで不正アクセスを防止することが出来るとのことです。

 

 

ロードマップについて

HPではしっかりとロードマップが記載されています。

 

2019年のロードマップである

 

  • ステーキングプールの発売
  • P2P暗号通貨貸出プラットフォームの開始

 

どちらもサイト内にて確認出来る事から取引所のロードマップが遅延しているということはないようです。

 

2020年のロードマップは下記になってます。

 

  • 第1四半期:2020年1月-2020年3月 新しい支払いシステムの統合:SWIFT / SEPA預金
  • 第2四半期:2020年4月-2020年6月 中国市場へのスケーリング
  • 第3四半期:2020年7月-2020年9月 DEX Coinsbit開発
  • 第4四半期:2020年10月-2020年12月 DEX Coinsbitのテストと起動

 

エストニアから中国市場へ進出になるのであればペアにCNYが追加されそうですね。
コインマーケットキャップで上位にランクインしているので、中国だけでなく各国の投資家も認知していると思われます。
下半期からはDEXに力を入れて第4四半期にはDEXをローンチする予定とのことです。
バイナンスDEXやビッサムDEXなど大手取引所も非中央集権に乗り出していますが、中央集権が関与しない分散型取引所はニーズが高まっているのでしょう。

 

 

【5月まで限定】エアードロップ無料キャンペーンの条件と報酬額

現在5月まで下記条件をクリアするとオンラインカジノのCNGame Casinoで使えるトークンを30,000CNG(300$)分貰うことが出来ます。

 

  1. Coinsbit(コインズビット)に登録
  2. 身元確認(KYC)完了
  3. Coinsbit(コインズビット)のテレグラムに参加

 

CNGはカジノで使えるだけでなく、3月にオープン予定のCoinsbit storeで使用可能であり、6月にはコインズビット取引所で上場予定です。

 

カジノやストアで使わなくても上場後、他暗号通貨と交換出来るトークンなので貰っておいて損はないですね。

 

 

CNGトークン紹介プログラムキャンペーン

5月までに条件をクリアすることで貰えるCNGですが、5段階の紹介プログラムの紹介プログラムキャンペーンも採用されております。

 

紹介者と紹介された人に対して300ドル分のトークンがエアドロップされ、紹介プログラム別で下記のように5段階までエアドロップを受け取る事が出来ます。

 

 

  • レベル1-300ドルのCNGトークンと取引手数料の25%
  • レベル2-100ドルのCNGトークンと取引手数料の15%
  • レベル3-CNGトークンで75ドル、取引手数料の10%
  • レベル4-CNGトークンで50ドル、取引手数料の5%
  • レベル5-CNGトークンで25ドル、取引手数料の3%

 

紹介者も紹介した相手も貰えますのでwin-winな紹介プログラムとなってます。

 

紹介リンクの取得方法は、アカウントの登録している事が前提ですが、アカウントの紹介にあります。

 

 

紹介リンクをコピーして取得出来ますので、そちらを登録したい方に教えましょう。

 

 

またこちらの画面では、あなたがどれだけ紹介プログラムに貢献したか確認出来ます。

Coinsbit(コインズビット)取引所アカウント登録方法

まずはCoinsbit(コインズビット)のアカウント登録をしますので、こちらをクリックしてサインアップ画面にいきましょう。
  1. メールアドレス
  2. パスワード
  3. 再パスワード

 

を入力し利用規約とプライバシーポリシーにチェックを入れ【サインアップ】をクリックします。
パズルが出てきますのでスライドしてパズルを完成させましょう。
パズルを完成させると登録したメールアドレスの受信ボックスにCoinsbit(コインズビット)からメールが送られてきますので、メールを開き黄色のボタンをクリックします。
これにてアカウントが開設されましたのでログインが出来るようになります。

二段階認証の設定方法

続いて二段階認証設定を行ってアカウントのセキュリティ性を高めて安全につかえるようにしておきましょう。

 

二段階認証をしておくことで悪意ある第三者からのハッキングを食い止める事が出来ます。

 

googleのgoogle authenticatorを使って二段階認証の設定をしていきますのでスマホアプリをインストールして取り掛かりましょう。

 

 

まずアカウントページの【セキリティ】をクリックします。

 

 

スクロールしますと二段階認証(Two-factor authorization)の項目があります。

 

 

その中の新規生成(GENERATE NEW)の横にある英数字のキーを紙などのオフライン媒体に書き写し保管しましょう。

 

続いてスマホでgoogle authenticatorアプリを立ち上げてQRコードを読み込みましょう。

 

読み込みますとCoinsbit(コインズビット)取引所の認証コードが表示されるようになりますので、2FA コード欄にGoogle認証に表示されている6桁のコードを時間内に入力します。

 

入力しましたら【有効にする(ENABLE)】をクリックしますとアクティブになりますので、アクティブになりましたら二段階認証設定の完了となります。

身元確認(KYC)の提出

 

身元確認のKYCを提出しましょう。
KYCを提出し身元確認を完了しておくことで
  • 300$分のCNGトークンの無料エアドロップを受け取る事が出来る権利
  • 1日500ドル相当(約5万5000円)まで出金可能
  • Google認証システム(2段階認証)も同じく設定することで1日100,000ドル相当(約1100万円)まで出金可能
まずアカウント画面にいき、検証をクリックします。
クリックしますと名前と連絡先、書類と2つのカテゴリーがありますので順に埋めていきます。
  • First name:名前
  • Middle name:ミドルネーム(任意)
  • Last name:名字
  • Gende:性別
  • Birth date:誕生日(月/日/年の順)
  • Country:国
  • City:市
  • Street Address:住所
  • House:0と入力
  • Apartment:アパート、マンション名(一軒家なら空欄でOK)
  • ZIP:郵便番号

を入力します。

 

住所を英語表記で記入するのですが、難しいという方はこちらのwebサイトを活用してみてください。

 

http://judress.tsukuenoue.com/

 

郵便番号、番地建物名を日本語で入れるだけで英語表記にしてくれるサイトで非常に便利です。

 

入力が完了したら下部の【参加する(SUBMIT)】をクリックします。

 

 

続いて書類の画面に切り替わるのでいずれかの書類をアップロードしましょう。

 

  • パスポート(顔写真、住所のページ)
  • IDカード(両面)
  • 運転免許証(両面)

 

どれか1つをスマホで写真を撮りアップロードします。(パスポートが比較的審査に通りやすいとのことです)

 

 

続いてセルフィー写真のアップロード手順です。紙に下記の必要事項を記入して顔と共に写真を撮ります。

 

  • COINSBIT.io
  • 本日の日付け

 

書類及びセルフィー写真どちらもアップロードしましたら【参加する(SUBMIT)】をクリックします。

 

 

提出が完了すると提出済みチェックボックスにチェックが入りますので審査を待ちましょう。

 

 

以上にて身元確認のKYC提出が完了です。

 

 

まとめ

Coinsbit(コインズビット)取引所とは?登録方法や無料キャンペーンについて解説してきましたがいかがでしょうか?
前回エアドロ無料キャンペーンで配布されたCoinsbit(コインズビット)の取引所トークンであるCNBは上場時に4倍になるなど前例がありますので、今回の無料で貰えるオンラインカジノやコインズビットストアで使えるCNGも期待がもてそうですね。
ぜひアカウント登録、KYCの提出、テレグラムの参加で300$分を受け取れるのでゲットしてみてください。
分からないことあればサポートしますので気軽にLINEくださいね。