暗号通貨資産を手堅く守るハードウェアウォレットの種類と使い方を解説

暗号通貨を保有する方法は、取引所にて保有、ペーパーウォレットにて保有などありますが、取引所であれば取引所がGOXしてしまう危険もありますし、ペーパーウォレットはネット上のウォレットでの保管になりますのでハッキングトラブルが免れれません。

 

それに対しハードウェアウォレットは、完全自己責任になるもデパイズ上の秘密鍵に守られたウォレットになりますのでハッキングやトラブルの危険性を回避できます。

 

このページではハードウェアウォレットの種類や使い方を解説していきます。

リップル(XRP)保管可能なLedgerNanoS(レジャーナノS)海外公式サイトでの購入方法を解説!

LedgerNanoS(レジャーナノS) ハードウェアウォレット

こんばんは、mr.Mです。   大切な暗号通貨資産を保管できる財布として優位性があるハードウェアウォレットですが、8/1~11/15日に予定されているUASF、UAHF問題が浮上したこともあり、ハードウェアウォ・・・

ページの先頭へ