スポンサーリンク

世界のある国では金融危機を見通して資産の逃避先に、日本では投機としてビットコインをもつ人が増えてきた2017年。

 

ビットコインの今後の可能性や夢のある価値高騰など魅力にひかれて、もっている人がほとんどだと思いますが、ビットコインの技術を今一度確認してみましょう。

 

ビットコイン誕生から一時期150万倍の価値上昇が頭に焼き付いているのも頷けますが、ビットコインだから出来ることがあるからこそ、世界的に消滅することなく必要とされているわけですね。

 

例えば、365日24時間送金可能、送金手数料が安い、国や政府が介在していないため金融危機によるリスクヘッジになるなどあります。

 

今回はそれらメリットを含めビットコイン使用者、サービス事業者からの視点のメリット、デメリットを解説します。

 

ビットコインってどこで使えるの?

そもそもビットコインはどこで使えるのでしょうか?

 

価値上昇が魅力だとしても使うことが出来なかったり、必要性がなかったらただのマネーゲームみたいで愛着沸かないですよね。

 

使える場所ですが、現在ネットショップやレストラン、バーなど小規模な店舗を中心に増えていっている模様で、日本では4600店舗ビットコイン決済が出来る店があり、東京オリンピックに向けて規模を拡大し、2017年中には20000店を目指しています。

 

関東や都会では着実と増えているみたいですが、まだまだ少なく僕が住んでいる北陸では、未だ1件も見当たりませんので、ビットコイン普及、開拓し甲斐があるところです。笑

 

ちなみにネットショップでは有名なDMM.comがビットコイン決済に対応しています。

 

楽天の三木谷社長はビットコイン決済の導入を考えているとコメントしていましたが、今では米国からビットコイン決済のサービスを開始していますしオーストラリア、ドイツへと展開していくようですよ。

 

そして楽天金融カンファレンス2015では、日本でも時期は明かせないが将来的に採用するだろうと話していることから、そろそろかと期待が膨らみますね。

 

このように実店舗やECサイトで使用できるビットコインですが、近年では公共料金でもお支払できるようになってきています。

 

背景には、規制改革により2016年の4月頃から電力の小売自由化が始まったのが大きいといえます。

 

まだ一部の電力会社ですが、今後の規制改革が進むにつれてビットコイン支払いを採用する会社も多くなるかもしれませんね。

 

日本ではこのような進行ですが、米国ではネット通販では有名なイーベイやマイクロソフト、ディスカウントストアのウォルマートなどでビットコイン決済の対応をしているようですよ。

 

補足ですが日本でビットコイン決済対応中の店はこちらからでも確認できます。

行ってみたいお店が見つかるといいですね。

 

ビットコインのメリット、デメリットとは?

メリットがあるからこそビットコインをもつ人、ビットコイン決済を対応している店、企業も多くなってきているわけですが、ここで一度メリットとデメリットをまとめましょう。

 

メリット

  • 硬貨や札をもたなくてもスマホ1台で完結する
  • 送金、換金手数料が安い
  • 送金が速い
  • 消費税が非課税(2017年春予定)

 

硬貨や札をもたなくてもスマホ1台で完結する

ビットコイン決済を対応している店であれば、財布をもたなくてもスマホ一台で、硬貨やお札と同様にビットコインで支払うことが出来るので持ち物が減りますし、小銭をもたなくていいので非常に簡単になりますよね。

 

管理の仕方もシンプルで例えば取引所で購入したビットコインを、スマホで管理できるウォレットといわれる電子財布で保持することができます。

 

そのウォレットでビットコインの送金(決済)、受信と手軽に出来ますし、ビットコインATMでは自分のウォレットのコードを読み込まして、ATMに法定通貨を入金することで、入金した分のビットコインをその場でウォレットに入れることが出来ます。

 

このような革新的なデジタル通貨、技術の誕生により麻生太郎財務大臣は、一時期「こんなもの(ビットコイン)はすぐ破たんすると思っていた」とおっっしゃっていましたが、2017年行われたフィンテックサミットで手の平を返したようなコメントを述べていました。

 

麻生太郎財務・金融担当相は21日、東京都千代田区で開催された「フィンテック・サミット」であいさつし、IT(情報技術)と金融を融合した「フィンテック」の進展によって「スマートフォン1台が銀行の支店とほとんど変わらない時代になる」と述べた。その上で「銀行の支店はそのうちなくなる」との見方を示した。

出典:「フィンテックで銀行支店なくなる」 – SankeiBiz(サンケイビズ)

 

そこまで言っちゃうの!?と驚きを隠せませんでしたが、このコメントにより日本でも間違いなく明るい技術になるのではないでしょうか。

 

送金、決済手数料が安い

ビットコインを支えるブロックチェーン技術により銀行のような中央集権を介さずに送金できることから送金手数料がかなり削減されます。

 

しかもブロックチェーン技術による送金は、不正や改ざんが困難な事から偽札など悪質なことができないため仲介に人を介していなくても安心安全に送金を行うことが出来るんですね。

 

手数料でみたら海外の送金で数千円とられますが、ビットコインならわずか数円、数十円しかかからないので、今まで送金手数料に莫大なお金を払っていた企業は、かなりコスト削減になるのではないでしょうか。

 

個人よりに言えることでは、自身自身の銀行口座にお金を入れているのに、引き出す時や送金する時に数百円手数料掛かっていますから、自分で資産を管理するビットコインならウォレットにいれて管理するので、引き出し手数料など発生せず自分で資産を守ることが出来ますね。

 

決済でのメリット

サービス事業者がビットコイン決済を導入していた場合

 

例えばお客が会計をクレジットカードで払うと事業者はカード会社に3~10パーセントの手数料を払わなければいけないのですが、ビットコイン決済であれば手数料が1%に抑えれるのでかなりメリットがあるんです。

 

悪知恵ですが、ビットコイン決済対応のカフェなどの店で、ビットコインの価格が上がった時にお茶するとお得ですね。笑

 

送金が速い

銀行間で送金や振り込みをする際は、午後の15時までに行わないと翌日扱いになることや土日祝日などの営業時間外では着金までに数日の期間がかかりますが、ビットコインは24時間365日送金が可能です。

 

以前ニュース番組で日本の寿司屋に寿司を食べに来た女性が、会計の時にお金が足らなかったので、海外の友人からビットコインを送金してもらい、その場で会計を済ませていましたが、このようにビットコインを送ったり受け取ったりと世界中で取引することが可能です。

 

消費税が非課税

こちらの新聞でも記載がされていたように、2017年春を目途にビットコインを購入する際に、今まで8%の消費税がかかっていましたが、消費税をなくすようです。

 

通貨と同じ位置付けになるわけですから、モノやサービスでもなくなるわけですし、プリペイドカードと同じような支払いの一つの手段となるわけですね。

 

仮想通貨及びビットコインは、日本という自国で日本円以外で初めて通貨と同じような位置づけになっていますから、ビットコイン利用者やサービス事業者からみてもかなり追い風が吹いているように感じますね。

 

 

で、残念ながらこれらのようなメリットだけではありません。

続いてデメリットです。

 

デメリット

  • 価値変動が激しい
  • 保持しているビットコインの消失リスク

 

価格変動が激しい

過去に中国の政府が、中国の通貨”元”をビットコインに換えてビットコインから米ドルに換えている中国人に対し規制が入れたのですが、その際に中国の富裕層が売りに走ったためビットコインの暴落があったように、価格変動が数万円単位で起こった事例があるのも特徴的ですね。

 

ここまで価格変動が激しい理由は、投機目的で売り買いしている人がいるのも一つですし、まだビットコイン自体の価値が定まっていない(世界情勢に左右される)ためです。

 

これまでに上昇した例はいくつかありますが、インドの高額紙幣廃止、ギリシャやキプロスの金融危機が起きた際、ビットコインが資産を守ったように、自国通貨の危険にさらされた時、国に介在されないビットコインは凄まじいように価値を上げています。

 

逆に価値が下降してしまうのは、大量に売りに走る人がいるだけが原因ではなく、最近ではビットコインのハードフォーク問題などが大きな要因となっています。

 

あらゆる問題が直面していますが、乗り越えた時にビットコインの技術を信頼し、大手企業もごぞっと決済導入に乗りだしビットコインとしても価値上昇が見込めるかもしれませんね。

 

保持しているビットコインの消失リスク

ビットコインは今までの取引データを不特定の参加者で管理していますが、過去に一度も改ざんや消去されなことがなく信頼が集まっています。

 

しかし、取引所やウォレットサービスを運営している会社のセキリティの甘さからビットコインが消失したという事件も少なからずあります。

 

なので取引所に入っているビットコイン、ウォレットで保持しているビットコインが完全に安心というわけではないんです。

 

ただ最近では、ウォレットでも複数認証をベースとしてそれだけでなく、秘密鍵を採用しているウォレットもありますので、保持するのは秘密鍵で保管するセキリティが高いウォレットを選ぶことをオススメします。

 

ちなみにMr.Mはブレッドウォレットを使っていますよ。

秘密鍵採用で送金や受信と言った取引操作がシンプルですし、取引履歴を数クリックで確認することが出来ます。

攻撃や不具合によるメンテナンスが不要で安全性の高さから10万人のユーザーが使っているようです。

 

まとめ

ビットコインのメリット、デメリットとは!決済に使えたり手数料が安くなるってホント?について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

メリット

  • 硬貨や札をもたなくてもスマホ1台で完結する
  • 送金、換金手数料が安い
  • 送金が速い
  • 消費税が非課税(2017年春予定)

デメリット

  • 価値変動が激しい
  • 保持しているビットコインの消失リスク

 

以下のように存在しますが、デメリットである価値変動は悪く言えば暴落した時にリスクがでかいですが、良くいえば市場にしっかりと価値が根付いた時に今の価値より高騰し安定的になっていることも考えられますね。

 

消失リスクは、現実で口座のパスワードを漏えいしないように努めるように、財布をしっかり肌身離さず保管するように、ウォレットでも認証が強固、秘密鍵を用いたウォレットで保管していればリスクを回避できます。

 

バーチャルコインなので軽くみられがちですが、その技術は金融や社会を変える革新的なもので、技術を保障して通貨として成り立っているので、大切に扱い且つ決済や投機投機を楽しみBTCライフを送っていきたいですね。

スポンサーリンク